Q.HIDが点灯しなくなった

月曜日, 7月 1st, 2013
正常に点灯していたHIDが点灯しなくなった場合は、以下の手順でご確認ください。
1.取付けたライトのヒューズが切れていないか
2.コネクター抜け、接触不良等がないか等
問題がない場合は以下の手順で不具合部品の確認をして下さい。

1.左右のHIDバルブを入れ替えて点灯を確認、移動させた部品の症状が同じであればバルブの不具合
2.左右のバラストを入れ替えて点灯を確認、移動させた部品の症状が同じであればバラストの不具合

症状が改善されない場合は弊社までお問い合わせください。

お問い合わせの際は、購入明細書などをお手元にご連絡頂きましたらスムーズです。

Q.自分の車に適合しますか?

月曜日, 7月 1st, 2013

ヘッドライト、フォグランプ、ルームランプ、ウインカー、ブレーキランプ、バックランプなどは
車種、形式、年式などで異なりますので以下の車種別適合表にてご自身の車種形状をご確認下さい。

※お乗りの車種が掲載されていない場合はお知らせ頂ければ幸いです。

車種別適合表

Q.HIDが点灯しない

月曜日, 7月 1st, 2013
以下の手順でご確認ください。
1.取り付けたライトのスイッチがONになっているか
2.取り付けたライトのヒューズが切れていないか
3.車両側のコネクターとHID側のコネクターが接続されているか
4.「電球切れ警告機能」が装備された車両ではないか
1~3の項目をご確認いただいて問題がない場合は、車両側コネクターの
+-(プラス・マイナス)の極性が逆である可能性があります。
取扱説明書を参照してHIDのコネクターを逆の方向で接続してみてください。
それでも点灯しない場合はバルブを左右入れ替えて下さい。
入れ替えたバルブが点灯した場合はバルブの不良、点灯しない場合はバラストの不良が考えられます。
その場合はただちに弊社までお問い合わせください。

Q.HIDは車検に通りますか?

月曜日, 7月 1st, 2013
8000ケルビンの場合は車検に通らない場合もあります。
その場合は元の純正バルブに交換してください。
車検場によっては検査機器の備えがなく、検査官の目視による判断で合否が異なります。

Q.H.I.Dにするメリットは?

月曜日, 7月 1st, 2013
    純正バルブの約2倍以上の明るさ

  • HIDはハロゲンバルブに比べて約2倍の明るさで照射します。
    広く、遠くまで照らす圧倒的な光により事故防止、ドライバーの疲れやストレスを大幅に軽減することができます。
    明るくて安心安全です。
  • 純正バルブの約2/1の消費電力

  • HIDはハロゲンバルブに比べて約2分の1以下の消費電力ですので、バッテリーへの負担を軽減します。
  • 純正バルブの約5倍の長寿命

  • HIDはフィラメントがないため、ハロゲンバルブに比べて約5倍以上の長寿命を実現しました。
  • ドレスアップ効果と安全性の確保

  • HIDの存在感のあるピュアで圧倒的な光線は、当然愛車のドレスアップにも抜群の効果を発揮します。
    また、その光の存在感は歩行者や自転車、対向車などにも認識されやすいので事故防止にもつながります。

Q.H.I.Dって何?

月曜日, 7月 1st, 2013
HIDとはHigh Intensity Dischargeの略で、一般にディスチャージヘッドランプとも呼ばれています。

通常ヘッドライトに使用されるハロゲンランプは、ハロゲンガスを封入した密閉容器内でフィラメントという金属製の芯材が発熱、 発光することで光ります。
一方のHIDにはフィラメントはありません。
インバーター・イグナイターユニットという部品で車両の電力(12V) を高電圧(約2万V)にし、バルブ内の電子と金属原子を衝突させ (アーク放電)て発光させています。

Q.HIDとハロゲンはどっちが明るいの?

月曜日, 7月 1st, 2013
HIDのほうが圧倒的に明るいです。
HIDはインバイター・イグナイターユニットで車両側の12V電力を高約2万ボルトの高電圧にして、バルブ内の電子と金属原子を衝突(アーク放電)させて発光させるので、ハロゲンバルブの約2倍の明るさ、約4倍の寿命、約1/3の消費電力です。